第0回

児童文学作家で、ノートルダム清心女子大学教授の村中李衣さんが、みえない手をたぐり寄せて生きる日々の悲喜こもごもを綴ります。

 第1回 甕の蓋
 第2回 まなこなかへはいらんか
 第3回 8月15日の眼科外来
 第4回 長い石段の上と下






●著者紹介

村中李衣(むらなか・りえ)

ノートルダム清心女子大学教授
児童文学作家

大学で児童文学を講ずるかたわら、0歳から100歳まであらゆる人とあらゆる場所で絵本の読みあいを続ける。
主な著書に『かむさはむにだ』(偕成社、日本児童文学協会新人賞)、『子どもと絵本をよみあう』(ぶどう社)、『チャーシューの月』(小峰書店)、『なんかヘンだを手紙で伝える』『日本文化キャラクター図鑑 日本語〜ことばは時をこえる!』(いずれも玉川大学出版部)など。
第一回子どもの文化21世紀賞受賞、山口県芸術文化振興奨励賞受賞。